産み分けゼリーで産み分け確率は本当に上がる?胎児への影響や副作用や危険性がないってホント?産み分けゼリーの効果や口コミ・妊娠確率、各社のピンクゼリー比較を行っています。

産み分けゼリー(ピンクゼリー)で女の子を産み分ける!産み分け方法も紹介しています。

成分

19個の産み分けゼリー成分を一挙解説、危険な成分は含まれていない?

投稿日:

産み分けゼリーに使われている成分は、体内に直接入れ粘膜に触れることからも普通の化粧品よりもはるかに安全性に優れています。

膣内を酸性やアルカリ性に傾けると聞くと刺激性があったり副作用があるんじゃないかと思う方もいると思いますが、結論から言うと産み分けゼリーの成分は人体にほとんど影響を与えないと言えます。

この記事では国産産み分けゼリー3大商品(ピンクゼリー・ハローベビー・ベイビーサポート)に使われている全成分について解説します。

 

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

水は産み分けゼリーに限らず液状の薬剤には必ず使用される成分で、一般的な飲み水と区別するために”精製水”と呼ばれる事が多いです。

無色透明で無味無臭の性質を持ち、体に無害で一番純粋な状態の水を指します。

身近なところだと、コンタクトの洗浄などに使用する事が多いですね。

 

グリセリン

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

グリセリンは化粧品などに使用される機会の多い成分で、人間の体内にも存在している成分のため、人間の体との親和性は高いです。

高い吸湿性を持ち、肌の保湿効果などを望めます。

産み分けゼリーや化粧品以外にも食品などに使用される成分で、危険性はない成分です。

 

ヒドロキシエチルセルロース

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

ヒドロキシエチルセルロースは植物由来の天然食物繊維から作られている成分で、産み分けゼリーに粘度を与えるために使用されます。

人体への危険も無く、長期間粘度を保つ効果があるため、幅広く活用されています。

 

乳酸

乳酸菌

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

産み分けゼリーに含まれる成分の乳酸は膣内で雑菌や細菌が繁殖するのを抑え、膣内環境を整える効果を発揮します。

 

クエン酸ナトリウム

クエン酸

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

クエン酸ナトリウムは産み分けに大切なPh調整成分で、膣内を酸性を保つための役割を果たします。

膣内が酸性に保たれる事によって、酸性に強いX遺伝子を持つ精子が生き残りやすくなる環境が整い、染色体構造がXXである女の子が生まれやすくなるというわけです。

保湿効果も高く毒性も無いため化粧品などに使用される事も多く、産み分けゼリー以外の用途としては清涼飲料水の酸味の調整に使用される事もあります。

 

パラオキシ安息香酸メチル

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

パラオキシ安息香酸メチルは防腐剤効果を持ち、保存用としても広く活用されている成分です。

防腐剤といっても食品などにも使われているため、人間の体には無害とされています。

産み分けゼリーの成分を長期間保存するためには欠かせない成分と言えるでしょう。

 

エデト酸二ナトリウム

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

エデト酸二ナトリウムは化粧品などに広く使われている成分で、細菌などの増殖を抑える効果があり、品質を安定させる働きが望めます。

刺激性や毒性もほぼ無く、化粧品などPh調整がされいてるものに使用する範囲では安全性が認められています。

 

ヒアルロン酸ナトリウム

ヒアルロン酸

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

ヒアルロン酸ナトリウムは人間の体内にも存在する成分で、高い保湿効果を持ちます。

1gで約6000gの保水性を持つと言われており、水分を蒸発させずに維持する力がとても強い成分です。

成分としての安定性・安全性に優れおり、化粧品などでも広く活躍する成分と言えます。

 

ポリアクリル酸Na

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

ポリアクリル酸Naは保湿成分として配合される事が多く、水分をジェル状にする増粘剤としての役割も果たします。

化粧品などに使用される場合は、クリームや乳液などの粘性・安定性を保つための成分として使用されます。

 

水溶性コラーゲン

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

水溶性コラーゲンは保湿成分として配合されており、ポリアクリル酸Na同様に水分をジェル状にする働きを持ちます。

肌の保湿効果や肌そのものを整える効果などを持ち、化粧品などで広く利用されています。

コラーゲンは体内にも存在する成分ですので、安全性も高く人間の体との親和性も高いと言えます。

 

アロエベラ液汁

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

アロエベラ液汁は植物のアロエの葉からアロインという成分を除去して作られるエキスで、化粧品などに使用される際は高い保湿効果を発揮します。

皮膚の表面のターンオーバーを促進する働きや、皮膚組織を強くする細胞接着因子の増殖などの働きを持ち、皮膚自体のコンディションを整える効果が望めます。

 

クエン酸

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

クエン酸はクエン酸Na同様にPh値の調整効果があり、産み分けゼリーにおいては膣内を酸性に保ち、女の子が生まれやすい膣内環境を作ります。

主に酢などに含まれる成分ですので安全性はとても高く、適切に希釈する事によって体内への刺激性も和らげることが出来ます。

 

リン酸

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

リン酸は産み分けに大切なPh値の調整効果を持つ成分で、クエン酸とは逆にアルカリ性の性質を持ちます。

男の子が産まれる場合の染色体構造はYXとなっているのですが、Y遺伝子を持つ精子は酸性に弱い性質があります。

射精時はY遺伝子とX遺伝子の精子が2:1ほどの比率でY遺伝子の方が格段に多いのですが、膣内環境によって大きく減少させられてしまうため、膣内の酸性を弱める必要があるんです。

リン酸の成分によって膣内の酸性を弱め、Y遺伝子の数を保ちやすくする事によって男の子が生まれやすい状態になるというわけですね。

リン酸は体内のカルシウムと結合する事によって骨の強化・再生に役立つとされており、健康効果も高い成分です。

 

EDTA-2Na

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

EDTA-2Naは先述したエデト酸2ナトリウムの事を指し、高い抗菌効果を発揮する成分です。

化粧品などの成分を安定させる働きを持ちます。

 

安息香酸Na

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

安息香酸Naは安息香というエゴノキ科の木から抽出される成分で、防腐剤の役割を果たします。

静菌作用(菌の働きを抑制する作用)を持ち、カビや細菌類などに対して高い効果を発揮します。

 

フルクトース

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

フルクトースは糖類の一種で、精子の栄養源となる成分です。

精子自体の生存率を高める効果があり、受精が成功するためにとても有効です。

 

塩化Na

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

塩化Naはフルクトース同様に精子のサポートをする働きがある成分です。

膣内の浸透圧を調整する働きによって、精子が最も活動しやすい環境を整えてくれます。

塩化Naは食塩の事ですので、体内においての安全性も高いです。

 

プロパンジオール

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

プロパンジオールは植物デンプンを発酵させる事で生成される保湿成分です。

グリセリンと併せて配合されることによって、保湿効果を高めます。

抗菌効果も高く、膣内の雑菌や最近の繁殖を抑える働きがあります。

 

レモン果汁

ピンクゼリーハローベビーベイビーサポート

レモン果汁はレモンにはクエン酸が豊富に含まれているので、クエン酸のPh値調整効果が得られ、女の子が生まれやすい膣内環境を整えます。

同様にライムを使用する場合もありますが、レモン果汁の方が安価なため、産み分けゼリーの成分に使用される場合はレモンの方がポピュラーです。

 

産み分けゼリーを使うなら国産?海外製?

製造過程での安全性では国産がおすすめ

産み分けゼリーも様々な製品が販売されており、国産(日本製)、海外製で多種多様に存在します。

国産の製品は衛生面などについて明確な基準のもとで製造されており、製造環境などについても明記されていますが、海外製品は基準も違いますし、製造されている環境などについての記載が無いものが多いです。

海外製産み分けゼリーに記載されてないからといって粗雑に作られているというわけではありませんが、やはり製造環境などが明記されている国産製品の方が安心して使える事は間違いありませんよね。

 

成分でも国産がおすすめ

成分に関しても国産産み分けゼリーは全成分を開示しているのに対して、海外製品は成分の記載すら無い場合が多いです。

産み分けゼリーは体内に入れて使用するものなので、「何が入っているか分からない」というのは精神的に不安を感じてしまいますよね。

妊娠は人生の一大イベントですし、不安を感じながらでは精神衛生上良くありませんよね。

副作用などの危険性もありますし、安全・安心を求めるのであれば国産産み分けゼリーを選ぶ事が重要です。

ピンクゼリー
産み分けゼリー(ピンクゼリー)で女の子を産み分ける!産み分け方法も紹介しています。

産み分けゼリーというのは、性交渉をする時に使う潤滑ゼリーのことを言います。 男の子を授かりたい時はグリーンゼリー、女の子を授かりたい時はピンクゼリーを使うことで、希望する性別の赤ちゃんを授かる確率を上 ...

続きを見る

 

海外製の産み分けゼリーの安全性とは

衛生状況が開示されていない商品が多い

国産製品の場合は基準が明確に設けられているため、それをクリアして製造されている事について言及されていますが、海外製品はそれがありません。

製品名以外は記載事項が無く、無地のパッケージという事も多々あります。

個人輸入などで買う場合、購入する国については分かりますが、その製品がどこの国で製造されたものなのかについての記載が無いという場合もあります。

インターネットなどでヒットする海外製産み分けゼリーについては、ブログなどで”効果があった!”という紹介が多くされているため、それらを判断材料として安全性を推し量ることは可能ですが、手放しで公式商品ページを見るだけで安全性が推し量れる国産産み分けゼリーと比べると非常に手間が掛かりますし、情報の確実性も薄いです。

日本は製品の安全性や成分の情報開示については厳格ですし、製品のクオリティに関しても海外製品に劣るというわけではないので、海外製産み分けゼリーを買うために余計な手間を割く事は、正直言ってあまりお薦めは出来ません。

 

厳密には海外製品は”産み分けゼリー”ではない

海外製産み分けゼリーについては厳密には”産み分けゼリー”ではありません。

海外製品の産み分けゼリーの本来の位置付けは”膣内感染症予防のために膣洗浄をするための製品で、膣内を正常に酸性に保つ効果を求めて製造されているものがほとんどなんですね。

実際に日本で知られている海外製の産み分けゼリーは全てそれに当て嵌まります。

膣内のPh値を酸性側に強める効果があるため、それがたまたま”産み分け”の性質と重なっているだけで、産み分けを目的として作られているわけではないという認識を持つ事は大切です。

 

安全性なら海外製より国産製品

国産製品の産み分けゼリーに関しては、きちんと産み分けを目的に作っていて、含有している産み分けゼリーの成分についても事細かに開示されているものばかりです。

海外製産み分けゼリーは公式サイトは英語もしくは現地語で記されており、解読する時間や手間も掛かります。

日本では使用されない強い成分によって強い効果が得られる場合もありますが、その安全性の保証はありませんし、万が一副作用などが起きてしまった時に「自己責任」の一言で片付けられてしまうでしょう。

そこまでの手間やリスクを負ってまで”厳密には産み分けゼリーではないもの”を手にするのか?と考えると、やはり国産産み分けゼリーを選ぶべきだと思いますね。

1つだけ海外製品のメリットを挙げるとしたら、海外からの送料を差し引いても余りがある価格の安さくらいでしょうか。

大事な赤ちゃんを授かる妊娠ですので、いわゆる”コスパの良さ”より安全性を取ってもらいたいのが本心です。

-成分

Copyright© 産み分けゼリー(ピンクゼリー)で女の子を産み分ける!産み分け方法も紹介しています。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.