ピンクゼリーの効果や産み分け確率などを紹介

第一子を産んだらママ友との交流が増えます。中でも話題にのぼりやすいのが第二子についての話ではないでしょうか?

 

私は他のお母さんや先輩ママとの話の中で、「何歳差が良いか」や「性別の違いで子育ての違いが出る」など、様々皆さん事情や考え方を持っていることを知りました。

 

そんな中で特に強く感じたのが、子供の性別についてです。

 

実は私も第一子は男の子だったのですが第二子を考え中で、次は絶対に女の子が良い!と思っていたのです。私のように次は第一子と違う性別の赤ちゃんが欲しいと思っている人が多いことに気づきました。

 

女性なら理解してくれる人が多いと思いますが、せっかく子育てをするなら性別の違う子供をそれぞれ育ててみたいと思うのは当然だと思います。

ピンクゼリーの成功確率や障害のリスクはある?二人目は女の子がいい!

しかも最近では女の子の方が将来嫁いでも、孫を連れて実家に遊びにくる人って多いですよね?私も大きくなったら男の子は買い物にもついてきてくれないだろうし、老後のことも色々考えて、自分にとっても産み分けをするのが良いと思ったのです。

 

色々と産み分けについて調べる中で、私が断然気になったのは「ピンクゼリー」というもの。

 

私と同じ悩みを持っている人の参考になればよいと思ったので、ここではピンクゼリーについて深く調べてみました。

 

 

私が調べた産み分け法

ピンクゼリーにたどり着く前に、私が色々と調べた産み分け法は様々ありました。

 

第一子を生んだ時、どこの産婦人科で生むか色々と情報を集めていた時でした。どこかの病院のパンフレットに書いてあったのが産婦人科での産み分け法です。

 

実際には行っている病院とそうでない病院があり、私が長男を生んだ病院では行っていませんでした。

 

次も同じ病院でお世話になりたかった事と、意外と1回の診療が高いのでやめました。

 

次に排卵日で産み分けをする方法があるそうです。排卵日当日や前日に性交を行うと男の子が生まれやすく、3日前くらいに行えば女の子が生まれやすいのだとか。排卵日を予測するチェッカーを用いて行う方法が良いのかなと思いますが、女の子を生みたい私には少し難易度が高いですね。

 

後は私が母に聞いた食べ物で産み分ける方法です。病院での産み分け法の中に食事での産み分け法もあるので昔からある方法です。

 

女の子を生みたかったら、女性が肉食で男性が草食の食べ物を摂取すると良いそうです。男の子はその逆ですね。

 

昔からある方法ですので、他の産み分け法と一緒に併用すると良いのではないかと思いました。

 

 

産み分けゼリーって何?

このように色々と調べてきた私ですが、産み分けゼリーがあることを知りました。

 

産み分けゼリーとは膣内に入れるゼリーのことで、性交渉をする時に使用します。女の子を生みたければピンクゼリーを、男の子を生みたい時にはグリーンゼリーを使うという明快なゼリーです。

 

分かりやすくしかも簡単で、コスパも良さそうだし診察とか重々しいことをしないで済みます。インターネットで購入できるので私は産み分けゼリーが非常に良い商品だと感じました。
産み分けゼリーについての詳しい記事はこちら

 

私のおすすめピンクゼリー

産み分けゼリーを調べると様々な商品が出てきました。

 

中でも私が気になったゼリーは、「ピンクゼリー」「ベイビーサポート」「ハローベビーガール」の3つです。

 

どちらの商品も膣内にタンポンのように挿入してゼリーを流し込み、性交渉を行う簡単なものです。

 

気になる価格帯ですが、ピンクゼリーが1箱10本入り14800円(1本あたり1480円)、ベイビーサポートは1箱7本入り13800円(1本あたり約1971円)、ハローベビーガールが1箱7本入り10000円(1本あたり1000円)です。

 

それぞれの簡単な特徴ですがピンクゼリーは産婦人科との共同開発品で管理医療機器の認定を受けています。

 

ベイビーサポートは余った未使用のゼリーを1本1000円で買い取る、おめでた返金キャンペーンを実施しています。

 

ハローベビーガールは日本産の天然成分でコスパがこの中では一番良い商品です。

 

私がこの中で選んだのはジュンビーのピンクゼリーです。

 

染色体と産み分け

 

ピンクゼリーを選んだ理由はずばり、管理医療機器認証商品だからです。

 

管理医療機器という聞きなれない名前ですが、厚生労働省が指定した第三者機関で審査を受けた商品のこと。

 

つまり簡単に言うと機器の取り扱いについて副作用や健康に影響を与える可能性があるので、適切に作ったり管理が必要な商品という意味です。

 

確かに膣内に挿入するものですので、成分やきちんとした商品でないと傷をつける可能性もありますよね。

 

認証を受けている、つまり安心安全な商品ですので信頼感がありました。

 

また直接体内に入れる成分なのも、赤ちゃんに影響がないのか心配になりますね。そこは産婦人科と共同開発されたものだから、より安心です。

 

ピンクゼリーは天然成分など原材料にこだわって作られていますし、ゼリーを入れる容器についてもこだわりを持って作っています。

 

トータル的に考えても、単純にコスパが安い商品として選ぶものではないと考えて、ピンクゼリーにしました。

 

ピンクとゼリーグリーンゼリーの違い

ジュンビーのゼリーは今ピンクゼリーが売られていますが、他のゼリーではピンクとグリーンの2種類が売られています。ベイビーサポートも2種類、ハローベビーはベビーボーイが販売されていますね。

 

私は女の子が欲しいのでピンクゼリーですが、もし男の子が欲しければグリーンゼリーになります。

 

一体どんな部分に違いがあるのか気になりますよね?

 

実は男女の性別って精子の段階から決まっているのです。女の子の染色体をもつ精子はX染色体、男の子の染色体はY染色体になります。そのため受精した時点で性別はもう決まっているのです。

 

それぞれに弱点がありY精子はアルカリ性に強く酸性に弱い。X精子は酸性に強くアルカリ性に弱い性質があります。

 

その性質を利用して性交渉をする時にゼリーを使い、膣内を酸性にするかアルカリ性にするかで受精の環境を調整している訳です。

 

先ほど言った排卵日当日か3日前の性交渉で性別が変わるメカニズムは、排卵日当日に膣内の酸性が弱まるタイミングがあるからです。

 

女の子が欲しい時は膣内を酸性にしたいので、ピンクゼリーにはPHを調節する成分が含まれています。ピンクゼリーにはクエン酸ナトリウムという乳製品や清涼飲料水など、食べ物にも使用できる成分が含まれています。

 

 

ピンクゼリーの使い方

ピンクゼリーの使い方

ピンクゼリーはタンポンを使用したことのある人なら分かると思いますが、基本的には同じような使い方です。

 

ピンクゼリーは独自開発の容器で、使用感の嫌な抵抗感を和らげて無理なく挿入が可能です。流線形ですので痛みに対しても優しいタイプですね。

 

その他にもポイントがあり、軽く押せるピストン、PP素材の容器で中のゼリーが劣化しない仕組みです。

 

実は産み分けゼリーは前からあったのですが、以前はゼリーを湯せんで温める必要がある商品が主流で数も多かったそうです。

 

ですがゼリーを移し替える面倒さや不衛生な面が不安視されています。ピンクゼリーはその点湯せんがいらないので非常に簡単で衛生的。新しいタイプのゼリーなのですね。

 

ピンクゼリーの使い方は個別に袋に入れられているのでそれを開けます。次にキャップを指で折るようにして引き抜きます。

 

容器を持ってリラックスした状態でシリンジの先端から5センチから8センチ膣内に挿入します。初めてだと怖いかもしれませんがピンクゼリーは10本入りですので、失敗しても十分使える量なのも嬉しいですね。

 

挿入したらピストン部分を押し出してゼリーを注入します。終わったら容器をゆっくりと引き抜くだけです。

 

 

ピンクゼリーの産み分け確率や効果が気になる

私も気になっているのが、産み分けゼリーがどれだけの確率で効果があるか?ですよね。

 

これはクリニックなどで顧客や患者の情報をもとにデータ化が進んでいるようなのですが、はっきりしたことは言えないですよね。メーカーやクリニックによっては80%くらいと言っている所もあるようです。

 

通常妊娠した場合は男の子が産まれる確率が52.6%と言われています。

 

ピンクゼリーの成功確率や障害のリスクはある?二人目は女の子がいい!

 

ですから私としては元々50%の確率だけど、ゼリー使用でもう少し高まるかなといった捉え方をしています。でも何もしなければ50%のままな訳ですからそれよりも高くはなるはずですよね。

 

結果はどちらでも元気に生まれてくれればそれで良しと考えているので、できる努力はしておけば良いのかなと思います。

 

効果については高い低いは実際に生んでみなければ分からない、となってしまうので私なりのポイントを言いますが、必ず安全で信頼性のある商品を使用すること。

 

粗悪品や類似品など色々と出回っていますので、公式サイトで購入するのもおすすめです。

 

私がジュンビーのピンクゼリーに決めたのは、産婦人科との共通開発や管理医療機器認定商品という安心感が、効果につながるかもと考えたからです。

 

赤ちゃんに影響を及ぼすような成分は含まれていない点も、良いと思います。

 

また膣内を酸性にしたり、アルカリ性にすると聞くと赤ちゃんへの影響や副作用を心配する声もありますよね?

 

ですが産み分けゼリーに使用されるPH調整成分はほとんどが自然の成分で、体内に入ったからと言って害がある成分はほぼありません。

 

自分自身に何かリスクがある訳でもないので安心です。

 

ポイントとして海外製品ではなく日本製を使用すること。成分の説明がされていること。使用方法を間違えないことではないでしょうか。

 

 

ピンクゼリーに含まれる成分

ピンクゼリーに含まれている成分ですが、保湿成分や粘度アップとしてグリセリンや、ヒドロキシエチルセルロースという天然の食物繊維が含まれています。

 

またおなじみの保湿成分である、ヒアルロン酸ナトリウムも含まれていて安定性の良い成分です。

 

また特徴として乳酸が含まれています。乳酸は人間が運動をした時にでる疲労物質なのですが、膣内の環境を整えてくれる働きもあります。膣内を常に酸性にして病原菌や菌が侵入しても増殖できないようにする働きを膣の自浄作用と言いますが、それに必要なのが乳酸です。

 

あとは品質を安定させるために必要な成分がいくつか入っていますが、どれも食品や化粧品に使われる成分ですので怖い成分ではありません。

 

ピンクゼリーは名前がピンクですので、ピンク色?と思いきや容器は白でジェルは無色透明の無香料です。たまに非正規品や類似品を見かけますが、安全性が高い商品ですので臭いも色もないのが通常です。

 

 

 

ピンクゼリーにサービスなどはあるの?

ピンクゼリーは1箱10本入りで14800円です。

 

ですがベビ待ちの私たちにとって急にゼリーがないとなるとがっかり。そんなことがないように2箱セットと3箱セットが販売されています。

 

2箱セットだと29600円が26600円になり、ジュンビーオリジナルの葉酸サプリが無料でついてきます。葉酸は妊娠前から摂るのが良いとされている成分ですので嬉しいサービスですね。ちなみに私はこれを購入しています。

 

そして3箱セットであれば44400円のところ38400円とさらに6000円もお得になります。おまけの葉酸サプリは2袋ついてきます。

 

そんなに購入して、もし妊娠したら無駄になると思いますがジュンビーでもおめでたキャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

公式サイトでの購入、2箱または3箱セットを買う、日付入りのエコー写真を送るの3つの条件を満たすだけで、1箱1万円で購入してもらえます。買取したゼリーを再販することはなく、品質向上や新商品の研究開発用として利用するだけですので安心。

 

ジュンビーは赤ちゃんが欲しい女性を応援するための商品開発を専門に行う専門会社です。

 

スタッフは妊活経験のある女性スタッフが運営や販売にかかわっているので、信頼性がありますね。

 

製品の持つ安全性をはじめ、顧客サービスも充実しているし販売する会社にも安心感があります。そういった点で私はジュンビーのピンクゼリーがおすすめです。

 

正直第一子を生んだ時から最近まで、こんな便利な商品があることを知りませんでした。

 

しかも使い方も簡単ですし安全です。知った時、色々なママ友にいち早くおすすめしたくらい良い商品だと思います。

 

ただし希望の性別の赤ちゃんが生まれるとは限りませんし、100%ではありません。反対の性別でも愛する我が子に変わりはありません。

 

同じような気持ちでベビーを待つママにおすすめしたい商品です。