男の子を妊娠したいカップルが実践したい産み分けのコツ

男の子なら一緒にキャッチボールができる、優しい性格に育ってくれると聞くと期待して男の子がほしい親御さんも多いでしょう。
女の子に比べると産み分けの成功率が高いと言われる男の子ですが、実践したいコツは何でしょうか。

 

 

性交渉は排卵日直前に

男の子がほしい場合、性交は排卵日当日か前日に行いましょう。
なぜなら男の子の性別を決めるY染色体を持つ精子は、アルカリ性に強く酸性に弱いという性質を持っているからです。

 

男性が射精すると膣内を通って子宮へ達し、卵子と出会って授精します。
ところが最初に通過すべき膣内は通常酸性に保たれており、Y染色体を持つ精子にとって不具合な環境なのです。
しかし排卵日前後はアルカリ性に傾きますから、Y染色体を持つ精子が生き延びることができます。

 

またY染色体を持つ精子の寿命は1日だけですから、たとえ排卵日より2日以上早く射精して生き延びたとしても、卵子と巡り会う前に死んでしまう可能性が高いです。
ですから男の子がほしいと思ったときにY染色体を持つ精子を卵子と巡り会わせるためには、排卵日かその前日の性交が条件となるわけです。

 

なお排卵日は女性が基礎体温を付けることで予測することができます。
基礎体温は生理が終わった後の低温期、排卵日を挟んで高温期に分けられます。

 

2〜3カ月基礎体温を付ければ、大体いつ頃排卵が行われるか予想することができるでしょう。
後は排卵検査薬を使用したりクリニックで診てもらったりして、排卵日当日あるいは前日の性交を心がけてみてください。

 

 

女性のオーガズムを高める方法を

男の子がほしい場合の性交は、女性が気持ちいいと思う性交をするといいと言われています。
女性が成功で気持ちいいと感じるつまりオーガズムが高まると、子宮頚管粘液が分泌されます。

 

子宮頚管粘液はとろみのある分泌液ですが、アルカリ性です。
つまり通常酸性に保たれている女性の膣内が、頸管粘液によってアルカリ性に傾くと言うことです。

 

男の子の性別を決めるY染色体を持つ精子は、酸性の環境では生きることができませんがアルカリ性の環境では活動的になります。
つまり頸管粘液に守られれば、Y染色体を持つ精子も活発に動くことができると言うことです。

 

もちろん授精するまでにはマクロファージとの戦いなど、Y染色体を持つ精子が生き残ったとしても遠い道のりが待っています。
ですが子宮頚管の環境をY染色体を持つ精子が好ましい環境に整えることは、男の子がほしい方にとってプラスに働くはずです。

 

もちろんタイミング法と合わせて実践することで、よりY染色体を持つ精子が生き残る確率は上がります。
男の子がほしいと思ったときは、排卵日の前日から当日にかけて濃厚な性交をするように心がけましょう。

 

 

Y染色体を持つ精子は動きが速い

精子にはY染色体とX染色体の2つがありますが、Y染色体を持つ精子はX染色体を持つ精子に比べて動きが速いです。
詳しいスピードまでは判明していませんが、同じ環境内に放たれたとき、活発に動くのはY染色体を持つ精子なのです。

 

つまり子宮頚管内の環境にかかわらず、射精された精子が卵子にたどり着くのはY染色体を持つ精子の方が確率は高くなると言うことです。
しかしY染色体を持つ精子のもう一つの特徴として、寿命が1日しかないと言うこともあります。

 

Y染色体を持つ精子の方が移動スピードが速いのなら、頸管粘液を十分に分泌させれば排卵日に関係なく男の子が生まれるのではないかと考えている人もいます。
しかし寿命が1日しかないと言うことは、やはり排卵日前日から当日にかけて成功した方が確実性は増すと言うことなのです。

 

授精した卵子が着床するためには子宮内ではなく、卵管で授精する必要があります。
さらに卵子の寿命も24時間と決まっていますし、授精しやすいのは6〜8時間と言われています。
このタイミングを図って性交することで、受精卵ができる可能性があるのです。

 

精子が先に子宮頚管で卵子を待っているのか、卵子と精子がちょうどよく子宮頚管で出会うのかにより性別も変わるのです。
Y染色体を持つ精子も卵子もお互いに寿命が1日しかないと考えれば、性交するタイミングが排卵日当日か前日になるというのはお判りいただけるでしょう。

 

 

精子の量を増やそう

Y染色体を持つ精子が受精卵となるためには、精子の量を増やすといいという考えもあります。
一度に放たれる精子の数は数千万から数億個ですが、卵子までたどり着くのは数十個から数百個と言われています。

 

アルカリ性や酸性という環境によって減ると言うこともありますが、女性の子宮頸管内にあるマクロファージに異物と捉えられ食べられる場合もあります。
その試練を乗り越えてたどり着くことができる精子の数は本当に少ないです。

 

ですから精子の量を増やすことで、Y染色体を持つ精子の量を増やせばいいという意見があるのです。
しかしY染色体を持つ精子を増やすことなど簡単にできるのかという意見もあるでしょう。

 

ここでチェックしておきたいのが、Y染色体対X染色体の比率です。
実は一度の射精で出てくる精子の比率は、Y対Xが2対1になるのです。

 

つまりY染色体を持つ精子の方が、X染色体を持つ精子の2倍あると言うことになります。
と言うことはもともとY染色体の方が有利に働くと考えられるのですが、女性の膣内はもともと酸性ですから生き延びる確率の方が低いです。

 

そこでタイミング法によって女性の膣内がアルカリ性に傾く排卵日を狙って成功し、さらにアルカリ性の頸管粘液を分泌する濃厚な性交を実施します。
それまでしばらく禁欲を続けて精子を溜めて置き、一度の射精量を増やせばY染色体を持つ精子の量が多くなるのではないかと言うことです。

 

ただ注意したいのはY染色体を持つ精子も増えますが、同様にX染色体を持つ精子の量も増えると言うことです。

 

ですから単純に精子の量を増やすのではなく、タイミング法や性交法も交えて実践していくことが産み分けにつながると考えてみましょう。

 

 

アルカリ性に傾く食事

化学的根拠はありませんが、アルカリ性に傾く食事をとると男の子が生まれやすいと言われています。
アルカリ性に傾く食事は肉や魚などのたんぱく質がメインで、野菜は控えるというものです。

 

具体的な食品は、男性と女性で異なります。
男の子がほしい場合、男性は肉や魚中心の食事にし、ジャガイモやバナナ、海藻類は控えた方がいいと言います。

 

一方女性は野菜中心の食事にし、肉や魚、卵やお菓子は控えた方がいいと言うことです。
こうした食事をとり続けることで、体のアルカリ度をアップしていくことができると期待できるのです。

 

赤ちゃんを妊娠したいと思う月の3カ月前から食事を変えるといいと言われていますが、これは精子が作られて射出されるまでの期間です。
途方もなく遠いと思うかもしれませんが、やはり科学的根拠はないようです。
ヒトの体はもともと体液が酸性かアルカリ性のいずれかに保たれています。

 

そのため食事によって、ペーハー値が変わると言うことは考えにくいのです。
たとえば血液はアルカリ性ですが、胃酸は酸性です。

 

この2つはペーハー値が逆転してしまうと生命活動にかかわります。
また3カ月もの間、野菜を食べずに肉食にしてしまうと、肥満や生活習慣病の危険性が高まります。

 

産み分けであれ妊娠であれ、健康な体があってこそでしょう。
ですから極端な食事の変更による産み分けは、健康リスクにもつながりますので控えた方がいいという医師も多いのです。

 

もちろん食事の内容を見直すことは健康のためにいいことです。
どうしても食事を取り入れた産み分けをしてみたいという方は、意識して肉類を摂るようにしてみてもいいでしょう。

 

ただし炭水化物にたんぱく質や食物繊維、ビタミンにミネラル類をバランスよく取ることも忘れずに実践してください。
肉類も脂肪分の多い部位を取るのではなく、ささみや胸肉、赤身など脂肪分の少ない部位を取り入れるよう工夫してみましょう。

 

 

グリーンゼリーを使ってみる

男の子を産み分ける方法として産婦人科クリニックでも処方しているのが、グリーンゼリーです。
グリーンゼリーはその名の通り容器に入った緑色のゼリーです。

 

ゼリーと言う名称から口にするものかと思いますが、これはお湯に溶かして膣内に挿入して使います。
膣内をアルカリ性に傾けることができると期待できますので、男の子の産み分けに一役買ってくれるのです。

 

使い方も簡単で、性交する30分くらい前に40度ぐらいのお湯にゼリーを溶かし、注射器のような器具で膣内に挿入するだけです。
日本では3つのメーカーから販売されており、いずれも安全性が確認されています。

 

なぜこんなに少ないのかというと、日本ではもともと産み分けという概念がなかったためです。
自然に任せるのがいいという意見が先行し、倫理的な観点からも産み分けに積極的な人は少なかったようです。

 

しかし晩婚化が進み少子化が進んだ現代、持つ子供の数が1人か2人なら臨んだ性別の赤ちゃんが欲しいということで産み分けをする夫婦が増えてきました。
そのため最近まで海外製の産み分けゼリーが主流でしたが、今は日本製の産み分けゼリーも流通しているのです。

 

天然成分使用や、アレルギーテスト済みなどいろいろな特徴がありますので、あなたがより安心して使うことができる産み分けゼリーを選んでみてください。
なお産み分けゼリーはあくまで補助的な役割を担うものですから、タイミング法や性交法なども合わせて実践するといいでしょう。

 

産婦人科クリニックを受診すると、排卵日の予測もしてくれますし、グリーンゼリーの処方もしてもらうことができます。

 

 

男の子がほしいと思ったときのポイントは排卵日当日か前日の性交と、濃厚な性交の2点になります。
迷信のようにこうするといいと言われていることもありますが、女性の膣内環境を変えることが重要なポイントと考えておきましょう。