高齢出産の場合は産み分けは難しい?注意すべきポイント

女性の出産年齢が35歳以上の場合、高齢出産と定義づけられます。
経産婦の場合はまた違いますが、高齢出産の場合産み分けは難しいのでしょうか。

 

 

高齢出産の定義

そもそも高齢出産とは、女性の出産年齢に関係があります。
妊娠した時初産の女性が35歳以上、経産婦が40歳以上の場合高齢出産と位置付けられます。

 

高齢出産はリスクも大きく妊娠中毒症などにかかりやすいと言われていますので、産婦人科も慎重に診察し管理していく必要があるのです。
日本は晩婚化が進んでいるため、結婚した時すでに35歳を過ぎていると言うこともあります。

 

そのため高齢出産の割合は年々増えており、子供が幼稚園に入るころにママが40代と言うことも珍しくないようです。
妊娠リスクや妊娠率の低下といった、高齢出産の特徴もありますので、今一度高齢出産とはどういうものか考える必要があるかもしれません。

 

 

高齢出産は妊娠リスクが高い

具体的に高齢出産による妊娠リスクを見てみましょう。
一つ目が流産の確率が上がると言うことですが、これは卵子の老化が原因と言われています。

 

自然流産の割合は全体で見ると10〜15%ですが、35歳以上になると20%ほどに上昇するそうです。
卵子の老化や胎児の先天性異常が原因と言われていますが、自然流産は予防することができないのが実情です。

 

それから先天性異常の確率も上がり、35〜39歳で2%、40歳以上で2.3%以上と言われているのです。
多くのクリニックは出生前診断を勧めているところもありますが、受けるかどうかは妊婦さん次第となります。

 

また妊娠中の母体リスクとして、妊娠高血圧症候群があります。
20代のおよそ2倍ものリスクがあると言われており、内臓機能低下などが原因と考えられています。

 

また高齢出産となると帝王切開の確率が高くなり、自然分娩できる割合はぐっと減るでしょう。
帝王切開は手術の一つですから、母体の回復も遅いですし、入院も自然分娩より長くなるのが特徴です。

 

高齢出産はこのように様々なリスクを抱えており、管理入院が必要な方も中に入るのです。

 

 

高齢出産が増えている理由

高齢出産が増えている背景として、女性の社会進出に伴う晩婚化が挙げられます。
社会で活躍する女性が増えると、結婚や出産が出世の妨げとなると言うことから妊娠を控える女性が増えています。
また忙しさのあまり男性との出会いがなく、結婚した時には35歳以上だったという女性も増えているのです。

 

卵子は胎児の頃から作られ始めていますから、20代に比べて30代、40代の卵子が老化しているのは言うまでもありません。
卵子が老化すれば、その分妊娠はしづらくなるのです。

 

しかし妊娠すると産休は4カ月以上取らなければなりませんし、仕事復帰するのに1年を要することもあります。
キャリアを積みたい女性ほど晩婚化の傾向にあると言われていますが、出会いや恋愛に自由な昨今、晩婚化が進むのは当然のことなのかもしれません。
晩婚化が進めば当然、高齢出産の確率も上がります。

 

また経産婦でも初産が30歳になってからだった方は、2人目以降が高齢出産になることもあります。
初産の年齢がどんどん遅くなっていると言うことも、高齢出産が増えている原因の一つと言えるでしょう。

 

一概に晩婚が悪いと言うことではありませんが、妊娠や出産を望む場合はやはり結婚年齢なども考えた方がいいのかもしれません。

 

 

高齢出産の産み分けリスク

さて高齢出産に伴うリスクは妊娠にも、母体にも様々なことがあると分かりました。
では高齢出産だけれど産み分けをしたいという場合、どのようなリスクが伴うのでしょうか。

 

高齢出産という方でも、もちろん安産で出産された方は大勢います。
ただリスクは誰にでも平等に降りかかるもので、さらに産み分けをするとなればリスクは倍増します。

 

というのも産み分けはもともとXあるいはY染色体を持つ精子を抑える方法ですから、妊娠の確率が下がってしまいます。
そこに妊娠確率の低い高齢出産という条件が重なると、ますます妊娠の確率は下がってしまうのです。

 

高齢出産の方の中には不妊治療を受けている方も少なくありませんが、不妊治療をこれから受けようと思った場合、産み分けが原因と言うこともあり得ます。
実際に産み分けを止めたら、自然妊娠ができたという高齢出産の夫婦も多いのです。

 

ですからクリニックによっては高齢出産あるいは不妊治療中の方の産み分けを勧めていません。
さらに通院による身体的及び金銭的負担や、性交する日を制限すると言ったことなどが夫婦に負担となることがあります。

 

もし高齢出産だけれど産み分けをしたいという場合は、リスクも含めて夫婦で話し合うことが大切なのです。

 

 

産み分けに慎重な意見も多い

医療クリニックの多くは、高齢出産の産み分けに慎重なようです。
確かに高齢出産というだけで流産リスクも高いですし、妊娠しづらいというリスクが付きまといます。

 

これは女性の卵子が老化しているためですから仕方ないのですが、男性側も精子の運動量が衰えている可能性があります。
そのため産み分けを本当にしてもいいのかと考える医師は多いのです。

 

仮に産み分けによって妊娠した場合、流産リスクを抱えて数カ月過ごさなければなりませんし、妊娠中毒症などにかかった場合は入院管理の必要性もあります。
帝王切開率も高いですから、長引く入院生活など精神的肉体的負担が大きくなるのです。

 

若い人に比べて体力のない高齢出産者が、これだけの負担を産み分けの段階から受けるのは酷ではないかという意見もあります。
そのためクリニックによっては高齢出産該当者の産み分け指導を断るところもありますし、若い人より産み分けの説明やリスクについての理解を求める姿勢が慎重なこともあります。

 

産み分けをすると言うことは年齢に関係なくそれだけ大変なことで、医療従事者側もデリケートな問題として扱っているのです。

 

 

高齢出産は女の子が生まれやすい?

ところで高齢出産は女の子が生まれやすいという話を聞いたことがあるでしょうか。
諸説あるのですが、理由として女性の膣内の酸性度が年齢とともに高くなりやすいと言うことがあるようです。
またストレスがかかるとコルチゾールの分泌量が増えるために、女の子が生まれやすくなるという話もあります。
ほかにも高齢の女性は男性ホルモンが減少するため、女の子が生まれやすいとう説が見られます。

 

確かに酸性度が高ければ、X染色体を持つ精子が活動しやすくなりますので、女の子が生まれる確率も高くなります。

 

あるデータでは女の子と男の子の出産率を母親の年齢別に見た時、15歳なら100%と130%と男の子の方が高いのですが、40歳では女の子が100%で男の子が91%になると言います。
ですから年齢を重ねるごとに、女の子が生まれる確率は上がると言えるのです。

 

もちろん100%ではありませんし、それなら男の子を生みたいときはどうすればいいのかという疑問も生じるでしょう。
男の子がほしい場合は排卵日の前日から当日に性交をするタイミング法を利用するといいでしょう。

 

またクリニックに通って医師からの指導を受け、男の子を授かるための方法を実践していくのがいいのではないでしょうか。

 

 

クリニックを受診するのも一つの方法

高齢出産の場合はどうしても妊娠率が下がりますので、クリニックを受診して医師の指導を仰ぐのも一つの方法です。
クリニックでは排卵日の特定とタイミング法や性交の指導などが行われますが、合わせて母体の健康状態をチェックすることもあります。

 

母体が健康であることが産み分けをする優先条件としているクリニックは多く、血液検査なども含めて一通り健康診断を行うのです。
万が一妊娠に対するリスクを背負うような疾病があれば、治療を優先するか産み分けをあきらめるかどちらかになるでしょう。

 

問題がなければエコー検査で卵巣の様子を確認し、排卵日を調べます。
排卵日が分かればタイミング法も実施しやすいので、後は医師の指導に従ってほしい性別の赤ちゃんを授かるための方法を教えてもらってください。

 

さらに補助的な材料として産み分けゼリーを処方する医師も多いです。
産み分けゼリーは女性の膣内環境を酸性かアルカリ性に傾けるものですから、正しく使用しましょう。

 

高齢出産の場合は1回で妊娠すると言うことはほとんどありません。
自然妊娠する確率も低いため、産み分けとなると1年以上かかることもあります。

 

クリニックへの通院期間が長引いた場合、産み分けをどうするかは夫婦でよく話し合いましょう。

 

 

自然な流れに任せるのも一つの方法

産み分けをしたいけれど指導してくれるクリニックがない、リスクが大きく大変という場合は、産み分けをあきらめるのも一つの方法です。
そもそも産み分けはどの方法を採ったとしても、成功する確率は100%になりません。

 

この確率は年齢が若い人でも同じですから、妊娠しても希望する性別の赤ちゃんが生まれるとは限らないのです。
それ以前に高齢出産の場合は妊娠する確率が低いので、産み分けをすればより妊娠率は下がります。

 

半年も1年も経ってもなかなか妊娠しないという場合、思い切って産み分けを止め、自然な流れに任せるのもいいでしょう。
妊娠自体が自然なものですから、自然な流れに任せてストレスがなくなり、妊娠できたという夫婦もいます。
またあまりに妊娠できない場合は不妊症の可能性もありますので、不安な場合はクリニックを受診してみてください。

 

クリニックを受診した時に産み分けに挑戦していること、産み分けを止めたけれど妊娠できないことなど素直に話してみましょう。
そうすることで原因が特定される場合もあるのです。

 

 

妊娠すると言うことはどの年代であっても大変なことですし、産み分けとなればさらに妊娠率の低下など大変なことは多いです。
妊娠リスクの高い高齢出産でも産み分けをしたいという場合は、夫婦でよく話し合いお互いに支え合うことが大切ではないでしょうか。