産み分けにはタイミングが大切?赤ちゃんの性別を選ぶ方法

産み分けをするためにはタイミングも大切な要素ですが、赤ちゃんの性別を選ぶためにはどのような方法があるのでしょうか。
夫婦で実践したい方法について見てみましょう。

 

 

夫婦仲を高める

性別を選ぶときに大切なポイントとなるのが、夫婦仲がいいかどうかです。
夫婦仲が悪い上にほしい赤ちゃんの性別が違う、産み分けに対する考え方が違うでは話になりません。

 

円満な仲を築く夫婦であれば、産み分けの相談もしやすくなるでしょう。
これから産み分けをしようと言うご夫婦の中には、もうすでにお子さんをお持ちの方もいるかもしれません。

 

むしろ今まで男の子しか生まれなかったから女の子がほしい、一姫二太郎で男の子がほしいという夫婦の方が多いのです。
そのような時でも次の子を考えた時、産み分けをしないかと夫婦仲が良ければ気軽に相談することができるのではないでしょうか。

 

産み分けをする場合は、夫婦お互いのタイミングも大切ですし、赤ちゃんの性別を選ぶには意見を一致させることも大切です。
だからこそ夫婦仲と言うのは基本となるポイントであり、産み分けを考える上で大切にしましょう。

 

ずっと円満な関係を築いている夫婦ならいいでしょうが、すれ違いが多かったり、どちらか一方の意見を尊重するような夫婦の場合は赤ちゃんの性別の相談もしづらいです。
お互いに意見や希望を言いあい、ケンカせずに話し合うことができる環境こそ、赤ちゃんの性別を決める方法へとつながっていくでしょう。

 

産み分けのためには性交するためのタイミングが必要になりますから、まずは夫婦仲を高めてみてください。
仲が高まりお互いの意見が一致し、産み分けに積極的になることができれば、次にタイミングを図った性交に乗り出すことができるでしょう。

 

 

産み分けの知識を共有する

性別を選ぶ上でトラブルになりやすいのが、産み分けの知識をどちらか片方しか持っていないことです。
産み分けの基本的な知識としては、タイミング法と性交法の2つになります。

 

排卵日の2〜3日前に性交すれば女の子が、排卵日前日から当日に性交すれば男の子が生まれやすくなります。
さらに濃厚な性交は男の子が生まれやすくなりますが、あっさりとした性交は女の子が生まれやすくなると言われています。

 

しかし成功のタイミングや方法を変えるだけで、生まれてくる赤ちゃんの性別が変わるのかどちらかが分からなければ産み分けをしようとは思わないでしょう。
理由も分からずに相手の言うままに性交しても、気持ちいいと感じるはずもありません。

 

ですから夫婦がきちんと産み分けに対する知識を共有し、理由を知ることで産み分けに対しての姿勢も変わると考えられるのです。
その理由は、女性の膣内環境と精子の得意不得意にありますが、通常女性の膣内は酸性に傾いています。

 

女の子の性別を決めるX染色体を持つ精子は酸性に強く、寿命も2〜3日ですから排卵日の2〜3日前の性交が望ましいと言われているのです。
一方男の子の性別を決めるY染色体を持っている精子は、アルカリ性に強い性質を持っています。

 

排卵日当日は膣内がアルカリ性になりやすいですし、女性が気持ちいいと感じる性交はアルカリ性の頸管粘液を分泌することに繋がります。
そのため、寿命が1日しかないY染色体を持つ精子が膣内で生き残りやすくなるのです。

 

こうした情報をしっかりと共有し、その上でどの性別の赤ちゃんを望むのか話し合いましょう。
そして決めた性別の赤ちゃんを授かるためにはどうすればいいか、科学的根拠から知識を共有すれば、タイミング法や性交法に基づいた性交ができるのではないでしょうか。

 

 

男の子と女の子どちらがほしいかはっきりさせる

夫婦で産み分けが上手くいかない原因の一つとして、どちらの性別の赤ちゃんを希望しているか夫婦で決まっていないと言うことがあります。
性別を選択すると言うことは、それに合わせたタイミングで性交をすることになりますから、男の子と女の子どちらを希望するかはあらかじめ夫婦でしっかり決めておきたいところです。

 

全く話し合いの決着もついていないのに、自分勝手なタイミングと性交で希望する性別の赤ちゃんが生まれなかったとなっては、生まれてくる赤ちゃんも迷惑でしょう。
心の中で男の子あるいは女の子がほしいと思うのは自由です。

 

さらに、どのタイミングでどのような性交をすればいいと、自分の中で知識をため込んで実践するのも自由です。
しかしそれで相手が満足できるかと言えば、そうではありません。

 

いつもと性交が違うような気がする、誘いに乗ってこなくなったと言ったような気持ちが芽生えれば、あなたへの不信感が募るばかりなのです。
ですから赤ちゃんが欲しいと思ったとき、決まった性別があるならきちんと相手に話すことを心がけましょう。

 

たとえば男の子がほしい場合、パートナーはどう思っているかまず聞くことが大切です。
その上で男の子を授かるために有効なタイミング、性交法を細かく説明してみてください。
もしかしたら相手は違う性別の赤ちゃんが欲しいかもしれません。

 

意見が異なる場合も、きちんと話し合って産み分けのタイミングを図ることが、お互いに納得、満足の行く結果につながるのではないでしょうか。
男の子がほしい場合は女性の膣内をアルカリ性に傾ける必要がること、ベストタイミングは排卵日の前日か当日であることをまず共有しましょう。

 

女の子がほしい場合は女性の膣内が酸性に傾いていた方がいいこと、ベストタイミングは排卵日の2〜3日前であることも加えておくのがお勧めです。
お互いにタイミングを知ることで、お互いにほしいと思った赤ちゃんを授かるための性交を実践することができるのではないでしょうか。

 

 

失敗することもあると認識しよう

産み分けのタイミングや知識を共有しても、結果が100%ついてくるわけではありません。
100%ではないと言うのは、望んだ性別と違う性別の赤ちゃんが生まれることです。

 

と言うのも産み分けの方法はどのような場合でも、結果が100%と言うことはありません。
女性の膣内のペーハー値や精子の寿命などから行うタイミング法や、性交の方法などを用いても成功率は70〜80%と言われています。

 

産み分けゼリーを使用しても、同じぐらいの成功率と言われているのです。
つまり20〜30%は失敗する可能性があると言うことを踏まえて産み分けを行わなければ、タイミングを間違えたのか、性交の方法が悪かったのかなど精神的に落ち込むこともあるのです。

 

すると赤ちゃんを授かっても赤ちゃんが可愛いと思えなかったり、夫婦仲がこじれたりすることもあるかもしれません。
もう一つは、産み分けを実践したからと言って100%妊娠するわけではないということです。

 

確かに夫婦の中には子作りを開始して、1回で妊娠したと言う家庭もあります。
しかしほとんどの夫婦は子作りを始めてから妊娠するまで、数回の生理があったというパターンです。

 

1年以上子供ができない場合はクリニックを受診した方がいいでしょうが、産み分けのタイミングも図って性交をしても、100%妊娠したとは限らないと覚えておきましょう。
また産み分けをすると、どうしても妊娠する確率が下がります。

 

妊娠するための性交の回数を減らしたり、方法を変えたりするのですから当然と言えば当然です。
また産み分けをするためにこのタイミングで性交をしなければならないという思いが夫婦を追い詰め、精神的な理由から妊娠に至らないと言うことはよくあります。

 

産み分けをしたいからタイミング法を試しているのに、なかなか妊娠しないと言う時は産み分けを止めるのも一つの手段です。
タイミングもばっちりで性交法も間違っていないけれど妊娠に至らないと言う場合は、止める勇気も持ちましょう。

 

 

ゼリーの使用も検討しよう

男の子と女の子の産み分けをどんどん進めていきたいと言う夫婦で、より高い確率で産み分けをしたいなら産み分けゼリーも使用してみませんか。
日本で作られている産み分けゼリーは3種類ですが、いずれも使用成分が公表されていますし安全性は高いと言えます。

 

病院で処方している産み分けゼリーもありますが、個人で購入できる産み分けゼリーもありますので、夫婦で買いやすい方を選んでみてください。
一般的には男の子がほしい場合はグリーンゼリーを、女の子がほしい場合はピンクゼリーを使用します。
使用方法も簡単で、40度前後のお湯にゼリーを溶かしてから膣内に挿入するだけです。

 

ゼリーを挿入後の性交までの時間はメーカーにより違いはありますが、30分程度経ってから性交すると考えればいいでしょう。
個人で購入するのが不安な方は、クリニックで処方してもらいましょう。
クリニックの場合はエコーによる排卵日の特定などもしてくれますので、よりタイミングを図るのに役立ちます。

 

排卵日は基礎体温や排卵検査薬で知ることができますが、エコーで卵胞の大きさを見てもらうことでより確実にすることができるでしょう。
基礎体温は周期が分かれば大体予測がつきますので、女の子がほしい場合は目星をつけた2〜3日前に性交するといいでしょう。
男の子は当日か前日になりますので、より確実に排卵日を特定しやすいかと思います。

 

その上で産み分けゼリーを使用すれば、膣内環境を酸性あるいはアルカリ性に傾けることができます。
そうするとそれぞれのペーハー値に強い精子が卵子にたどり着く可能性が高まりますので、タイミング法と合わせて産み分けが成功する確率も上がるのではないでしょうか。
産み分けを成功させたいというご夫婦は、2人そろって医師のアドバイスを聞くのもお勧めです。

 

産み分けの性別の選び方は夫婦の意見の合致が必要ですが、タイミングを図るには夫婦で知識を共有することが大切です。
夫婦でどちらの性別の赤ちゃんを授かるためにどうすればいいか話し合い、希望する性別の赤ちゃんが授かるよう性交を進めてみませんか。