女の子の産み分けに役立つと言われる薄め作業の方法とは

女の子がほしいと思う親御さんも多いようですし、一姫二太郎と言う言葉から女の子は育てやすいと思う方も多いようです。
ところで女の子を産み分けるときに薄め作業をするといいと言われているのですが、どのような方法なのでしょうか。

 

 

薄め作業とは

薄め作業とは、Y染色体をもつ精子を薄めることを言います。
しかし薄めると言っても、水や特別な溶液を使って薄めるのかと不安に思う方もいるでしょう。

 

薄めると言うとこのようなイメージが付きまといがちですが、そもそも薄め作業とはY染色体を持つ精子とX染色体を持つ精子の差をなくすための方法です。
Y染色体を持つ精子の量は、X染色体を持つ精子の2倍と言われています。

 

つまり1度の射精でY染色体を持つ精子が100放出されたとしたら、X染色体を持つ精子はわずか50しかないことになるのです。
さらに言えばY染色体を持つ精子は運動量が多く、移動スピードが速いという特徴を持っています。

 

寿命自体はX染色体を持つ精子の方が数日長いのですが、排卵日2〜3日前に女の子を希望して性交をすると後からやってきたY染色体を持つ精子に負ける可能性もあるのです。
しかしY染色体を持つ精子の量を減らせば、量から見てもX染色体を持つ精子と変わりなくなりますから確率的には変わらなくなるのです。

 

そのために精子を定期的に外に追い出し、実際に子作りをするときの性交時はY染色体を持つ精子とX染色体を持つ精子の量を同率にしておこうと言うことです。
とてもややこしいように思えますが、女の子がほしいと言う方の多くが薄め作業を実践しているようです。

 

薄め作業が完了するまで、避妊を続けると言うカップルも少なくありません。

 

 

薄め作業のメリット

薄め作業を行うメリットは、禁欲をする必要がないことです。
産み分けをするとき、男の子でも女の子でもどこかしら禁欲が必要になります。

 

たとえば女の子がほしい時は排卵日の2〜3日前に性交をしたら、後は禁欲することが望ましいです。
男の子を望んでいる場合は、排卵日の前日か当日に性交するのがベストタイミングですから、それまでは禁欲することになります。

 

否認する方法もありますが100%ではありませんので、どうするかは夫婦次第と言えるでしょう。
一方薄め作業は精子を出して薄めることが目的ですから、禁欲する必要がありません。

 

性交する場合も、タイミングに合わない日であれば避妊をすればいいだけです。
つまり禁欲と言う概念が全くないのです。

 

性欲は食欲と睡眠欲と合わせて人間の三大欲と言われていますから、禁欲生活を続けると言うのはよほどの聖者でもなければ難しいでしょう。
年齢などによって性欲が落ちてくると言うことはあっても、子供がほしいのに禁欲できると言う人はいないのではないでしょうか。

 

そういった意味でも禁欲のいらない薄め作業は、メリットが大きいと言えるのです。
さらに薄め作業は難しい方法ではありません。

 

精子を2〜3日出して、Y染色体を持つ精子の量とX染色体を持つ精子の量を均一に近づければいいだけです。

 

 

後はタイミングを図って女の子を希望する場合には排卵日の2〜3日前、男の子だと排卵日前日か当日に性交すればいいだけです。
この時は避妊する必要がありませんから、自由と言えます。

 

他の日に性交するときは否認すればいいのですから簡単な話です。
もちろん産み分けゼリーなどを併用することもできますが、より簡単な方法を選んで行けば薄め作業にたどり着く方も多いでしょう。

 

薄め作業と言う言葉から何か特殊な液体を使うのではと思う方もいるようですが、特に難しく考えることはありません。
メリットを活かして薄め作業を取り入れた産み分けをしている方は、意外と多いようです。

 

 

酢洗浄もいいと言われている

女の子の産み分けをするために主に行われる薄め作業ですが、酢洗浄による薄め作業も良いとされています。
酢というと強烈なすっぱい臭いをイメージし、考えただけで気分が悪くなる方もいるでしょう

 

しかし酢には疲労回復効果や血液の清浄効果などの、健康に大きく貢献してくれるというメリットがあります。
もちろん食物酢や穀物酢などをそのまま使うのは胃が荒れる原因になりますし、控えるように言われています。

 

しかし黒酢やフルーツ酢を薄めて飲むなど、健康に気を遣っている方の間で酢は人気が高いのです。
そんな酢を使った薄め作業で女の子を授かる可能性が高まるなら、ぜひ実践してみたいと言う方もいるでしょう。

 

先ほど酢をそのまま飲むのは胃が荒れる原因となると言いましたが、酢洗浄でも原液をそのまま使うのは止めましょう。
酢洗浄の方法は性交をする15分ぐらい前に、1リットルのぬるま湯に小さじ2杯の酢を溶かしたもので膣内を洗浄するだけです。
酢そのものは刺激が強いため、いくら膣内が酸性でもあれる可能性が高いです。

 

膣内が傷ついてしまうと感染症の恐れも出てきますし、何よりひどく痛みます。
ですから必ず薄めた酢水で洗うように、気を付けてください。

 

ではなぜ酢洗浄が女の子の産み分けに役立つのかと言うと、X染色体を持つ精子が酸性に強いからです。
逆にY染色体を持つ精子は酸性に弱いので、排除することができる可能性が高まります。
ところが排卵日当日は膣内がアルカリ性になるため、X染色体を持つ精子は生き残ることが難しくなります。

 

それどころかY染色体を持つ精子が生き残る可能性が出てきてしまい、その前に性交をしていたとしてもスピードの速いY染色体を持つ精子が追い付く可能性があるのです。
女の子がほしい場合は排卵日の2〜3日前に性交するというタイミング法が知られていますし、その後は避妊あるいは禁欲するのが一般的です。

 

もちろんこの法則を守るのもいいのですが、膣内のペーハー値は個人差があります。
中性に近い酸性もあれば、中世からほど遠い正真正銘の酸性もあるのです。

 

ですから膣内をより酸性に近づけるためにも、酢洗浄がいいと言われているのです。
ただし酢に対して抵抗を持つ男性も多いですし、実際に使う女性もしかりです。

 

また添加物が入っている酢はリスクが高いため、避けた方がいいと言う産婦人科医もいます。
酢洗浄で薄め作業をし、産み分けを実践するのは良し悪しですからよく考えてから行いましょう。

 

 

そのほかの女の子産み分け法と併用

薄め作業は100%女の子が生まれる方法ではありませんし、科学的根拠はないと言う人もいます。
確かに射精される精子の割合は、Y対Xが2対1です。

 

いくらY染色体を持つ精子の寿命が1日でX染色体を持つ精子が2〜3日と言っても、次から次へと射精すればその絶対数はX染色体を持つ精子と同一になると言うことはないかもしれません。
ですから信じるも信じないも夫婦の話し合い次第と言うことですが、ほかの女の子を産み分ける方法と併用することも考えてみましょう。

 

たとえば女の子の産み分け方法として、タイミング法があります。
排卵日の2〜3日前にあっさりとした性交を心がけると言う方法ですが、これは膣内が酸性でアルカリ性の頸管粘膜が少ないから有効と言われています。

 

確かにX染色体を持つ精子は酸性に強く、Y染色体を持つ精子はアルカリ性に強い性質を持っています。
ですから精子の寿命や、排卵日にアルカリ性に変わる膣内環境から見ても、タイミング法には科学的根拠があると言えるでしょう。

 

もちろんこの方法も100%ではありませんし、基礎体温をつけたり排卵検査薬を使ったりと、手間もかかります。
ですがやらないよりはましという気持ちも、どこかあるのではないでしょうか。

 

もしあなたが薄め作業による産み分けを実践したい場合は、ほかの産み分け方法も取り入れながら行うのがいいでしょう。

 

 

夫婦で必ず確認を

薄め作業は女の子の産み分け方法として簡単ですし、やりやすいと実践する人は多いです。
しかし大切なことは、夫婦で本当に薄め作業をするかどうか確認し合うことです。

 

と言うのも時間があまり持つことができない、性交するタイミングを図ることすら大変という夫婦は薄め作業に抵抗を持ちやすいからです。
また酢を使った薄め作業は、デリケートな部分に酢が付くと言うことから抵抗を感じる夫婦も少なくありません。

 

ですから薄め作業をするかどうかは、夫婦で必ず結論を出してから実行するようにしてください。
もちろん薄め作業をしたからと言って、必ず女の子が生まれるわけではありません。

 

と言うのも薄め作業には科学的根拠がありませんから、男の子が生まれる確率も高いのです。
精子の量はY対Xが2対1ですが、膣内は常に酸性ですからY染色体を持つ精子にとってはよろしくない環境です。

 

アルカリ性に傾く排卵日に性交すると男の子が生まれると言われているのも、Y染色体の精子を活かすための方法なのです。
確かに酸性の度合いに個人差はありますが、薄め作業によってより女の子が生まれる確率を上げることができるのなら誰も産み分けに苦労はしないのです。

 

産婦人科医は男の子と女の子が生まれる確率は、フィフティフィフティだと言います。
つまりどちらも半分の確率で生まれるため、科学的根拠が認められない薄め作業などはあまり意味がないのです。

 

ですから気休め程度にほかの産み分け方法と併用して行うのか、薄め作業だけにこだわって産み分けをするのかは、夫婦次第としか言いようがありません。
他の方法と併用して産み分けを行うのであれば、タイミング法や性交法なども考えてみるといいでしょう。

 

もちろんクリニックで産み分けゼリーを処方してもらうのも、一つの方法です。
色々な産み分け方法を組み合わせて実践していくことで、薄め作業だけで産み分けをするとき以上の効果が得られるのではないでしょうか。

 

 

薄め作業は女の子がほしいと言う夫婦の間で知られている、産み分けの方法です。
ただし100%ではありませんし、迷信的なものもあるようなので、ほかの方法と組み合わせ夫婦で話し合って取り入れていきましょう。

 

関連記事

男の子を妊娠したいカップルが実践したい産み分けのコツ
高齢出産の場合は産み分けは難しい?注意すべきポイント
好きな性別を産み分けられるゼリーの特長と安全な購入方法