なぜ失敗する?産み分けの失敗例と立ち直りの方法とは

産み分けをしても失敗することはあります。
失敗したとなると落ち込んでしまう人も多いのですが、どうすれば立ち直ることができるのでしょうか。

 

 

夫婦の会話不足

産み分けで失敗する原因の多くが、夫婦の会話コミュニケーション不足と言います。
そもそも子供を作ると言うことは夫婦の協力なしにすることはできません。

 

まして産み分けと言う排卵日を見たり性交の方法を変えたりと言うことは、お互いの理解がなければ実践することは無理でしょう。
たとえば女性側は女の子がほしいと思っても、男性側が知らずに濃厚な性交を求めて来れば意味がありません。

 

逆に男性側が、女の子がほしいと思ってあっさりとした性交をしても、女性側が不満に思えば夫婦仲がこじれる原因となります。
夫婦がそろって産み分けに対する理解を深めること、意見を一致させることが産み分けを実践することに繋がるのです。

 

 

排卵日の予測が間違っていた

基礎体温をろくにつけずに排卵日はこの辺りと予測して性交し、希望していた性別と違う赤ちゃんができたと言うことはよくあります。
排卵日をきちんと特定させたいのなら、基礎体温を数カ月つけて周期を知ることが大切です。

 

さらに排卵検査薬や病院でのエコー検査などを受ければ、より排卵日を特定しやすくなるでしょう。
なんとなくいつもこの辺りで生理が来るから排卵日はこの辺と考えていても、正しい排卵日とは言えないのです。

 

また排卵痛など排卵日特有の症状から排卵日を特定する人もいますが、それも100%ではありません。
体調不良による腹痛の場合もありますし、排卵日当日ではない日に排卵痛などを起こす人もいます。

 

さらに女の子がほしい場合は排卵日の2〜3日前の性交が求められますから、排卵日を排卵痛などで自己診断しても意味がありません。
ですから排卵日の予測は基礎体温と排卵検査薬で行うようにしましょう。

 

 

性交渉方法の失敗

女性がオーガズムを感じる性交なら男の子、あっさりとした性交なら女の子が生まれやすいと言われています。
これは女性の膣内環境の問題で、通常女性の膣内は酸性に傾いています。

 

しかしオーガズムを感じると女性の膣内には頸管粘膜が分泌され、アルカリ性に傾きやすいのです。
男の子の性別を決めるY染色体はアルカリ性に強い、女の子を決めるX染色体は酸性に強いと言う性質があります。

 

ですから性交の方法を変えることで、産み分けを実践すると言うことは理にかなっていますし多くの方が実践しています。
ところが性欲に任せて産み分けのことを考えずに性交をしてしまったというカップルは多いです。

 

その結果、希望した性別と違う赤ちゃんが生まれたと言う経験をした方も少なくないでしょう。
排卵日の特定や産み分けゼリーの使用などはきちんとしたのに、性交によって結果が変わってしまったとなっては意味がありません。

 

なぜ産み分けをしたいのかということに強い意志を持ち、産み分けをするためにどうすればいいのかしっかり考えていきましょう。
また女の子を希望する場合は排卵日2〜3日前に性交した後は、避妊をした方がいいと言われています。

 

Y染色体を持つ精子は運動量が激しく、X染色体より量も多いですから、性交後の避妊をしないことでY染色体を持つ精子が勝ることがあるのです。
性交方法を守ると言うことは、妊娠が確定するまでの注意点を守ることにもつながります。

 

排卵日の関係と性交の仕方は守ったからもういいと言うことはありませんので、最後まで注意点はしっかり守るようにしましょう。

 

 

迷信を信じてしまう

1人目がいる場合は上の子が赤ちゃんの時に太もものしわが1本なら男の子、2本なら女の子という迷信もあります。

 

願望が強いほどこうした迷信は信じてしまいたくなりますが、あくまでも迷信です。
特に子供のしわの数で次の子供の性別が決まる話は、当てはまる人もいれば全く当てはまらない人もいます。

 

時にはしわが3本という赤ちゃんもいますから、一概にも正しいとは言えないのです。
また食事に関しても体全体がアルカリ性あるいは酸性に傾くと、体調を崩す原因となります。

 

胃酸は酸性だから消化することができますし、膣内は酸性だから雑菌による感染症から守ることができるのです。
血液もアルカリ性であることが体液のバランスを取ることに繋がっているようですね。

 

こうした迷信の数々を信じて実行し、ほかの産み分け法を行わずに産み分けに失敗したと言う人がいても、何ら不思議ではないでしょう。
もしタイミング法なども併用して失敗したと言うのなら、それはXあるいはY染色体を持つ精子が強かっただけと考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

男性の生活が変わらない

産み分けに失敗した事例として、男性の生活には一切変化がなかったことがあります。
実は精子は男性がどのような生活を送るかにより、男女比が変わるあるいは運動量が変わると言うことが科学的に分かっています。

 

たとえば射精頻度が週2回以上であれば男女比に違いはありませんが、射精回数が減るとY染色体を持つ精子の数は増えていきます。
つまり男の子がほしい場合は、射精の回数を制限した方がいいということです。

 

精子の絶対数が増えればY染色体を持つ精子はもともとX染色体を持つ精子の倍ありますから、自然とY染色体を持つ精子の数が増えることになります。
さらに精子の運動量も男性の生活によって変わると言われています。

 

それはカフェインの摂取や電磁波などを浴びた頻度、さらにお風呂やサウナなどの入り方に見られます。
カフェインを控えている人、電磁波やX線などを多く浴びる方やお風呂やサウナで体をよく温める長風呂派の方は、女の子が生まれやすいようです。

 

逆に性交1時間前までカフェインを摂取した人、電磁波やX線などをあまり浴びない方やお風呂などはさっと入ってサウナは控える方は、男の子が生まれやすいようです。
こうしたことは科学的根拠をもって証明されていますので、男性の生活についても一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

同じ愛しい我が子です

産み分けに失敗したとしても忘れてはいけないことは、どちらの性別の赤ちゃんが生まれても愛しい我が子に変わりないと言うことです。
よく子供は親を選んで生まれてくると言いますが、産み分けを実践して宿った赤ちゃんもあなた方夫婦を選んでくれたと考えれば愛しいと思えるのではないでしょうか。

 

産み分けを実践して、希望通りの性別の赤ちゃんが授からなかったと言う人はたくさんいます。
だからと言って赤ちゃんをかわいいと思うことができないと言うことは、一般的には考えられないのではないでしょうか。

 

男の子がほしいあるいは女の子がほしいと思い、排卵日の予測や性交の仕方などを実行した方もいるでしょう。
その結果希望通りの性別の赤ちゃんを授かったとなれば、本当に喜ばしいことだと思います。

 

しかし赤ちゃんの性別が判明するのは16〜20週ですし、病院によっては25週まで教えないところもあります。
25週まで教えないのは性別を確定することが難しいからと言われていますが、希望する性別と違った場合堕胎する親がいるからだそうです。
せっかく授かった命を性別だけで堕胎するというのは残念な話ですが、実際にいると言うのですから恐ろしい話です。

 

産み分けを実践して実際に希望する性別の赤ちゃんを授かった親は、70%と言われています。
逆を言えば30%の夫婦は希望する性別の赤ちゃんを授からなかったと言うことです。

 

つまり産み分けに失敗したとしても、それはあなただけに起こったことではないと言うことです。
赤ちゃんを授かることができたなら、産み分けの成否に関係なく愛情を惜しみなく注ぐことを優先してはいかがでしょうか。

 

 

ゼリーを処方してもらうのもいいでしょう

失敗率30%なら成功する70%に入りたいと思う夫婦も多いでしょう。
より確実性を増す方法として、産み分けゼリーを使用する方法があります。
クリニックで産み分けを指導してもらうと、たいていの場合性別に合わせたゼリーを処方してもらうことができます。

 

性交の30分ほど前にお湯で溶かしたゼリーを膣内に挿入するだけと、使用方法も簡単です。
そのため多くの方が実践していますが、使用方法を間違えれば当然失敗につながります。

 

産み分けゼリーは膣内の環境を変えるために使います。
男の子ならアルカリ性に、女の子なら酸性に膣内を傾けようと言うものです。

 

Y染色体とX染色体の特徴に合わせた膣環境を作るものですから、成功率も80%程度と高くなっています。
しかし産み分けゼリーも100%ではありませんから、失敗する人は失敗します。

 

その理由の多くが、性交30分前以内に使用したと言うことです。
産み分けゼリーを使用したからと言って、一瞬で膣内のペーハー値が変わるわけではありません。

 

かならず30分という時間を守って使用しましょう。
それから、排卵日を無視して使用したと言うこともあるようです。

 

女の子がほしい場合は排卵日の2〜3日前に、男の子がほしい場合は排卵日当日あるいは前日に性交するといいと言われています。
産み分けゼリーはその補助的な役割を担っていますから、排卵日に合わせた性交を実践することが優先になります。

 

それよりもタイミング法と産み分けゼリーを併用した方が、産み分けも確実性を増すと言えるのです。
ですから産み分けゼリーを使用する際は使用方法を守り、タイミング法と合わせて行うようにしましょう。

 

 

産み分けは100%ではありませんし、30%ほどの人は失敗します。
しかしそこには必ず原因がありますので、これから産み分けをしたいと言う方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

コーヒーが産み分けに役立つの?その飲み方について
産み分けをするなら使いこなしたいスマホアプリの特長
産み分けを医学でサポートする外来病院の特長と通院について