産み分けを医学でサポートする外来病院の特長と通院について

産み分けをしたいと願う夫婦の味方になってくれる、外来病院が全国各地にあります。
では実際にクリニックで産み分けを実践したいとき、どのように通院すればいいのでしょうか。

 

 

産み分け指導をしているクリニック

産み分けをしたいから、クリニックで排卵日も指導もしてもらおうと思う方は多いようです。
しかしろくに調査もしないで産婦人科クリニックに行き、その場で診察を断られてしまったと言う人も多く見られます。

 

というのも産み分けを指導しているクリニックは限られており、産婦人科と名が付けばどこでも行っているわけではないからです。
つまり産み分けの指導をクリニックに仰ぐ場合は、事前に行こうとしているクリニックが産み分けを行っているかどうか確認することが必要なのです。

 

もちろんあなたの家や職場から通いやすいクリニックを選ぶのが前提ですし、信頼できる医師がいることもチェックしましょう。
インターネットで情報を探せば、産み分け指導をしているクリニックは見つけられるでしょう。

 

 

不妊治療外来とは別?

ところで産婦人科クリニックと言うと、お産施設を持つところと不妊外来を持つところをイメージする人も多いのではないでしょうか。
確かに不妊治療の全容や、支援などが広く知られるようになった現在、不妊治療専門のクリニックも増えています。

 

では不妊治療外来を持つ病院で、産み分け指導をしてもらうことはできないのでしょうか。
答えから言えば、クリニックによっては指導しているところもあります。

 

不妊治療を専門に行っているクリニックでは産み分け指導をしているところは少ないようですが、婦人科全般を取り扱っているクリニックなら産み分け指導もしているようです。
もちろんお産施設を持つクリニックでも産み分け指導をしていますし、総合病院に入っている産婦人科よりは数も多いようです。

 

産み分けは妊娠能力の可能性が高い女性に対する指導ですから、不妊治療専門のクリニックではまず行っていないと言えるでしょう。
ですが不妊治療もするけれど、病気などの診断や治療も行うクリニックなら、産み分け指導をしている可能性は高いのです。
特に産み分けをしていると謳っているクリニックであれば、産み分けゼリーの処方や診察などもしっかり行ってくれます。

 

 

全国各地にある外来病院

産み分け指導をしてもらおうとクリニックを探した時、実は全国各地に予想以上の病院があることに気が付くでしょう。
クリニックは産婦人科あるいは婦人科の看板を掲げていますが、主な診療項目は婦人病の治療だったり妊婦検診だったりと、産み分けを大々的に謳っているところは少ないです。

 

そのため家の近くや職場の近くに、産み分け指導をしてくれる病院があるのだろうかと不安に思う方も多いでしょう。
しかし調べてみると意外と産み分け指導をしているクリニックは多く、特に都心部や県庁所在地など大きな市では盛んに行っています。

 

それだけ産み分けに興味を持っているカップルが多いと言うことですし、実際に産み分けをしたいと思っているカップルもいると言うことです。
ですからキーワード検索でお住まいの地域名と産み分けで検索すれば、どこかしらクリニックがヒットする可能性が高いのです。
もちろん産み分け指導を行っていないクリニックがある地域もありますし、ホームページには掲載していないクリニックもあります。

 

その場合は家や職場から違いクリニックに直接電話し、産み分けをしているかどうか確認してみてください。
もし近くに産み分け指導をしているクリニックがない場合は、個人で産み分けゼリーを購入するなど対策を取るしかないでしょう。

 

 

相談だけでも可

産み分けに興味はあるけれど、実際にやってみたいかどうかは別と言う方もいるでしょう。
そのような場合は、相談だけでも乗ってくれるクリニックがあります。

 

と言うよりクリニックは患者の希望に沿った治療を行うのが一般的ですから、産み分けに躊躇している患者を無理やり指導することはありません。
ですから産み分けについて詳しく知りたい、どのような治療をするのか知りたいということを相談するだけでも構わないのです。

 

その際は産み分け指導をしているクリニックに予約を入れ、問診票に産み分けについて知りたいがまだ実践するかは決めていない旨を記載しましょう。
実際に問診するときに看護師に伝えておけば、医師もカルテを確認しますので産み分けの相談だと分かります。

 

産み分けについてメリットとデメリットを説明し、どのような方法で実践していくのかきちんと説明してくれる医師なら安心して産み分けに踏み出せるでしょう。
信頼できる医師で産み分けをしてみたいと思ったら、そのまま診察してもらうのもいいのではないでしょうか。

 

 

診察の流れ

産み分けの指導は、どのように行われていくのでしょうか。
まず基礎体温表を付けるように指導する医師が多いようですから、もし可能であれば先に2〜3カ月分の基礎体温を付けて持って行くといいでしょう。

 

最初の診察で基礎体温表がない場合は、そこからさらに数カ月かかります。
基礎体温表を見ることで排卵日を予測することができますので、生理開始から男の子は13〜15日目に、女の子は11〜13日目に来院するのがいいようです。
またクリニックによっては各種健診を行い、母体が健康かどうか確認するようです。

 

それから排卵日の正確な予測のために超音波検査を行い、頸管粘液検査によって粘液の量と性状をチェックします。
その後産み分けを実践していくのですが、ここで産み分けゼリーを処方する場合もあります。

 

タイミング法を指導し、どのタイミングでどのように性交すると希望する性別が生まれる可能性が高いかと言うことも教えてくれるでしょう。
産み分けの指導は1回で終わる場合もありますし、妊娠するまで続く場合もあります。

 

もし妊娠した場合はクリニックによって異なりますが、お産施設があるクリニックならそのまま継続して受診することが可能です。
性別判定は4Dエコーを取り入れているところなら16〜20週頃に判明するようですが、医師の方針で25週頃まで伝えないという場合もあります。

 

 

パーコール法を取り入れる場合も

海外ではパーコール法を取り入れるクリニックもあります。
妊娠出産の研究が盛んなアメリカで主に行われているようで、日本では不妊治療の際取り入れられることがあるようです。

 

パーコール法はもともと人工授精や体外受精に顕微鏡授精と言った不妊治療に当たり、精液より不要物質及び奇形精子を除去するために用いられてきた方法です。
精子調整法とも言われていますが、日本でも女の子の産み分けに使用されていることがあります。

 

日本で認められるようになったのは2006年5月のことですが、パーコール法による重篤な副作用の報告がないことから使用を認めるようになったのです。
ただし産み分けのためにパーコール法を用いることを、容認すると言うことにはなりません。

 

法律で禁止されてはいませんから、医師の判断に委ねられる部分が大きいのが実情でしょう。
パーコール法は男性の精液をパーコール液に入れて遠心分離器にかけることで、重量のあるX精子を取り出すと言う方法です。
ただしパーコール法も成功率は100%ではありませんし、費用もかかりますので、利用するかどうかは夫婦の判断によります。

 

またパーコール法を用いても、必ず妊娠するとは限らないことを覚えておきましょう。
産み分けに役立つ?遠心分離機を活用して確率を高めよう

 

 

体外受精はしない

なお産み分けのために体外受精をすることは、日本では認められていません。
体外受精はあくまでも不妊治療の一環であり、妊娠能力があると診断された男女に行うものではないからです。

 

体外受精で産み分けを実践する場合は、子宮に戻す前の受精卵の遺伝子調査をします。
これが着床前診断と呼ばれるもので、8細胞まで分裂が進んだ受精卵の染色体を調べます。

 

ただし着床前診断を産み分けに使用することは、日本産婦人科学会で禁じられています。
着床前診断を受けることができるのは、重篤な遺伝子疾患、習慣性流産の恐れがある患者だけです。

 

また着床診断をするためにも、医療従事者が事例を1つずつ日本産婦人科学会に申請し、認可が降りなければなりません。
そのため着床前診断にも長い時間がかかりますし、もし産み分けをするために着床前診断をすると判明した場合、そのクリニックは日本産婦人科学会から除名されます。

 

海外では着床前診断をしている国もありますが、1週間以上の滞在が必要ですしトラブルも考えられるため危険です。
言葉の違いや高い費用などを用意しなければならず、受ける人は少ないようです。

 

 

ゼリーの処方だけで終わる場合も

クリニックで産み分け指導を受けた場合、産み分けゼリーの処方で終わる場合が多いようです。
その結果産み分けが成功するかどうかは分かりませんし、結果が出なければ誰にも何も言えないのが実情です。

 

ですからクリニックでは基礎体温表の指導から始まり、排卵日を確定するための診察、ゼリーの処方や性生活のアドバイスで終わることも多いです。
もちろんお産施設があれば、そのまま妊婦検診へ移行することもできるでしょう。

 

ただ出産したい病院と産み分けの指導を受けた病院が別の場合は、きちんとその旨を伝えておくことも大切です。
産み分けゼリーも使用方法が決まっていますし、医師から指導を受けることがありますので、医師の話はきちんと聞いて理解しておきましょう。

 

また産み分けと言うと女性だけが受診すればいいと思う方もいるようですが、夫婦そろって受診するのもいいようです。
2人で受診することで産み分けへの理解を深め、2人で産み分けをすると言う気持ちを向上させることもできるはずです。

 

 

産み分けをしているクリニックは日本各地にありますから、探せばあなたの家の近くにもあるでしょう。
ただし100%産み分けができるわけではないと理解した上で、医師の指導の元タイミングを図った産み分けを実践していくことが必要なのです。

 

関連記事

産み分けにはタイミングが大切?赤ちゃんの性別を選ぶ方法
染色体と産み分けについての図解!精子の染色体を知って産み分けをしよう!
リンカルSで男の子を妊娠できる確率は?購入方法や葉酸サプリとの飲み合わせ