産み分けゼリーで産み分け確率は本当に上がる?胎児への影響や副作用や危険性がないってホント?産み分けゼリーの効果や口コミ・妊娠確率、各社のピンクゼリー比較を行っています。

産み分けゼリー(ピンクゼリー)で女の子を産み分ける!産み分け方法も紹介しています。

未分類

コーヒーが産み分けに役立つの?その飲み方について

投稿日:2017年10月5日 更新日:

産み分けをしたいとき、コーヒーが役立つと言うことを聞いたことがありますか?

コーヒーをよく飲むか飲まないかによって、男女の性別が違ったと言う意見がありますが実際はどうなのでしょうか。

コーヒーを飲むと男の子が生まれる?

コーヒー

男の子がほしいなら、コーヒーを飲むといいと言う話を聞いたことがある方もいるかもしれません。

しかしコーヒーを飲んだだけでなぜ男の子が生まれやすくなるのか、カフェインの取り過ぎにならないのか心配な方もいるでしょう。

実際にどのような方法でコーヒーによる産み分けをするのかというと、性交30分前に男性が1杯のコーヒーを飲むだけです。

というのもコーヒーはアルカリ性食品になるため、アルカリ性に強いY染色体を持つ精子が生き延びる可能性がアップするからと言われています。

実際に不妊治療を行う医師の中には、性交60分前の1杯のコーヒーを勧めている人もいるようです。

もちろん飲み過ぎは禁物ですから、意識するなら性交60分前の1杯のコーヒーと覚えておきましょう。
なお女の子がほしい場合は控えるといいと言われています。

迷信的な部分も多いですし、科学的根拠があるわけではないようですから、気休めに覚えておくのもいいかもしれません。

あまり妄信的になりすぎて、結果産み分けに失敗したり妊娠できなくなってしまう方が大変です。

 

カフェインと妊娠の関係

カフェインと妊娠
男の子がほしいなら男性がコーヒーを飲むと言いと説明しましたが、コーヒーに含まれるカフェインは取りすぎに注意が必要な成分です。

実際に1日3杯以上のコーヒーを男性が飲むと、精子の機能低下につながるそうです。

ですから何事もほどほどに、適量を心がけるのがいいでしょう。

中にはカフェインを取ることでストレスを解消している、リフレッシュしていると言う方もいるでしょう。

ところがカフェインには利尿作用があるため、水分と栄養素を排出してしまう恐れがあるのです。

女性は1日に5杯以上のコーヒーを飲むと、不妊症になる確立も45%上昇すると言われています。

これはコーヒーだけではなく、カフェインを含む紅茶や緑茶も同様です。

さらにカフェインはカルシウム、鉄分などの栄養素の吸収を阻害します。

食事から1時間以上経っての摂取であればいいようですが、性交を食後1時間後に予定しているから食後にコーヒーを飲むというのは控えた方がいいようです。

もしコーヒーを取るのであれば、カフェインレスのコーヒーの方がいいという人もいるほどです。

カフェインが妊娠に影響を与えるのであれば、産み分けどころではなくなります。

本気で産み分けをしたいのであれば、コーヒーは適量を守ることを考えてみましょう。

何事も適量であれば、体への害も特に考えられずに済むのです。

 

女性のコーヒー摂取は妊娠率が下がる?

産み分け以前に、女性のコーヒー摂取についても見てみましょう。

男の子がほしい場合は男性がコーヒーを飲み、女性は控えた方がいいそうです。

逆に女の子がほしい場合は男性がコーヒーを控え、女性は飲んでも構わないとも言われています。

しかしコーヒーに含まれるカフェインには、女性の妊娠力を下げると言う報告もあります。

あながち嘘ではない部分も多いようで、例えばコーヒーが体を冷やす作用にその理由が見られます。

カフェインには体を冷やす作用があるため、女性がコーヒーを飲み過ぎると血液などのめぐりが悪化しやすくなります。

すると生理不順などが起こりやすくなり、妊娠しづらくなってしまうと言うのです。

元々女性の冷えが不妊につながりやすいとは言われていましたので、カフェインの取り過ぎで同じことが起こると言うのなら、やはり控えたいと言う方も多いでしょう。

一方でコーヒーを飲むと、長寿につながると言う報告もあります。

これは1日3~4杯のコーヒーを飲む人の死亡リスクが減るというもので、海外で主に報告されているようです。

日本でも研究は勧められていますが、どちらにしろ産み分けをする以前に妊娠力が下がるのは問題です。

妊娠できなければ産み分けをする話につながりませんから、体を冷やす作用を持つカフェインは控えた方がいいでしょう。

なお1日1~2杯程度のコーヒーであれば、問題ないようです。

ほかにもカフェインレスやカフェラテなど、ブラックコーヒーなどよりカフェインが少ない方法を選ぶのもいいと言われています。

紅茶や緑茶などにもカフェインは含まれていますので、コーヒーを飲む習慣がある方は気にかけてみてはいかがでしょう。

 

カフェインのデメリットも知っておこう

コーヒーで産み分けを試すことは特段悪いことではありませんし、飲む量さえ気を付ければ特に心配はないでしょう。

そもそもカフェインには中枢神経の興奮作用や強心作用、平滑筋弛緩作用などがあります。

そのため適量に取る程度なら精神的安定を図ることができ、仕事などの効率アップに繋がると言われています。

コーヒーと言うとよく眠気覚ましにいいと言われていますが、これは中枢神経の興奮作用からくるものです。

適量であれば、興奮して眠ることができないと言うこともないでしょう。

ただし大量に摂取すると、不整脈や震えなどが起こることも考えられます。

ほかにも不安感や興奮を覚えたり、不眠や幻覚と言った症状に見舞われることもあるようです。

特に妊娠中の方や生理中の方は、カフェインが鉄分の吸収を妨げるため貧血になりやすいとされています。

食後1時間は控えたいと言われていますし、そもそも産み分けでコーヒーを飲んだ方がいいと言われているのは男性です。

男の子がほしいからと男性も女性もそろってたくさんのコーヒーを飲めば、気が付かないうちにカフェインの過剰摂取になっている可能性があるのです。

コーヒーで産み分けをしようと思う場合は、男の子がほしい時に男性が性交の1時間前に取ることを意識しましょう。

男の子がほしい場合は女性のコーヒー摂取は控えた方がいいでしょう。

さらにカフェインの過剰摂取にならないよう注意し、特に朝コーヒーを飲む習慣がある方は注意してください。

 

コーヒー以外でも産み分けできる場合が

コーヒーで産み分けをしたいと思っている方は、おそらく普段からコーヒーを飲む習慣があるのでしょう。

朝でも仕事中でもコーヒーを飲む習慣があり、コーヒーが好きという方ではないでしょうか。

しかしカフェインが入っているため、新たに性交前のコーヒーを飲む習慣を身に着けてしまうと体に毒になる可能性もあります。

もし普段からコーヒーをたくさん飲む習慣があると言う方は、コーヒー以外の方法で産み分けを実践するのもお勧めです。

男の子がほしいのならアルカリ性食品を摂るようにし、女の子がほしいなら酸性食品を摂るようにするというものです。

もちろん科学的根拠はありませんし、体がどちらか一方のペーハー値に傾くと体自体が壊れる可能性があります。

ですから、性交方法や排卵日を利用した産み分けも取り入れてみてはいかがでしょうか。

よく言われているのは排卵日の2~3日前に性交すると女の子、排卵日当日あるいは前日に性交すると男の子が生まれやすいと言うことです。

これは科学的根拠があり、女性の普段は酸性ですが、排卵日はアルカリ性に傾きやすいのです。

また濃厚な性交は女性の頸管粘液を分泌しやすくなるため男の子が生まれやすくなり、逆にあっさりとした性交は女の子が生まれやすくなると言う話もあります。

頸管粘液はアルカリ性ですから、アルカリ性に強いY染色体を持つ精子が生き残りやすくなると言うことです。

X染色体を持つ精子は酸性に強い性質を持っていますから、性交方法で産み分けができると言うこともあながち嘘とは言いがたいでしょう。

 

コーヒーの産み分けは100%ではない

コーヒーを飲んで産み分けを実践するということは、特に問題があるわけではありません。

性交の1時間前に男性がコーヒーを飲めばいいだけですし、コーヒーが苦手でなければ誰でも簡単に実践することができるでしょう。

ただし覚えておいてほしいことは、コーヒーによる産み分けは100%ではないことです。

男の子を産み分ける方法として確率を上げることはできるでしょうが、必ずしも男の子が生まれるとわけではありません。

実際にコーヒーを飲む習慣がある欧米では、男性がコーヒーを飲んでも女の子が生まれると言うことはよくあります。

またコーヒーで男の子が必ず生まれると言うのなら、跡取り問題に厳しい家庭は困ることがないでしょう。

産み分けをしたい、男の子あるいは女の子がほしいと言う方々が生み出した方法も、産み分けの一部なのです。

その中で生き残った方法が、コーヒーと言えるのかもしれません。

産み分けをするのに普段口にするものについて考えればいいと言う方もいますが、その中にコーヒーが含まれているだけなのです。

コーヒーは多くの方が飲む習慣を持っていますし、リラックス効果も得られます。

しかし取りすぎるとカフェイン中毒や不眠など、様々な症状を引き起こすことも知られています。

ですからコーヒーは産み分けにとって、あくまで補助的なものと捉えておくといいでしょう。

夫が1時間前にコーヒーを飲んだから、絶対に男の子が生まれると思い込むと、後々辛くなることもあります。

気負って産み分けをするよりは、リラックスした状態で産み分けに臨んだ方が、妊娠力も高まるのではないでしょうか。

カフェインと妊娠の関係や、コーヒーと産み分けの関係を踏まえた上で取り入れてみませんか。

 

コーヒーと産み分けについてのまとめ

コーヒーによる産み分けは迷信と言う人もいれば、できると言い切る人もいるため意見も分かれるところです。

ですがそれより大切なことは産み分けをするためにどうすればお互い気持ちのいい性交ができるか、その中にコーヒーをどう取り入れていくかではないでしょうか。

-未分類

Copyright© 産み分けゼリー(ピンクゼリー)で女の子を産み分ける!産み分け方法も紹介しています。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.