好きな性別を産み分けられるゼリーの特長と安全な購入方法

産み分けの方法として有名なのが、ゼリーを使用した方法です。
男女で使う色が違うのですが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。
また、安全な購入方法や選び方も調べてみました。

 

産み分けゼリーの特徴とは

 

産み分けゼリーは産み分けをする際に、最もよく使われている潤滑剤です。
女性の膣内に直接とかしたゼリーを挿入することで膣内のペーハー値を変え、ほしい性別の赤ちゃんを授かりやすくすると言うものです。
産み分けゼリーは産婦人科クリニックで処方してもらうこともできますが、個人で買うこともできます。
使用方法はメーカーにより若干の違いがあるものの、基本的にはほとんど同じです。
40度程度のお湯でゼリーを溶かしてから、シリンジと言う器具で1回分のゼリーを取り膣内に挿入するだけです。
使うタイミングは、性交の5分前ぐらいと覚えておくといいでしょう。
なお産み分けゼリーについては賛否両論があるようですから、夫婦できちんと話し合ってから使用することをお勧めします。
ただし産み分けゼリーを使ったからと言って、胎児や母体に影響が出ることはほとんど考えられません。
ペーハー値を変えるためのクエン酸やナトリウムなどが使用されているだけですから、国産であれば特に問題なく使うことができるでしょう。
国産の産み分けゼリーで胎児に奇形や障害が出たという報告は、今のところないようです。
ほとんどが成分を表示していますので、確認してから使うのがいいかもしれません。
なお産婦人科が処方する産み分けゼリーの中には、成分表示がないものもあります。
安全性などを確認してから処方していますので、不安な場合は医師に事前に相談や確認をしてから使用してください。
産み分けゼリーは決して悪いものではありませんし、成功率も割と高いようですから、夫婦が納得できる製品を選んでみてはいかがでしょうか。

 

男の子がほしい時のグリーンゼリー

 

産み分けゼリーの使い分けで、男の子がほしい時はグリーンゼリーを使います。
男の子の性別を決めるY染色体を持つ精子の特徴として、アルカリ性に強いと言うことが挙げられます。
ところが女性の膣内はたいてい酸性に保たれ、雑菌をやっつける働きをしています。
そのためアルカリ性に傾く排卵日辺りしか、男の子を作るタイミングはないと言うことになります。
しかしそれも確実ではありませんので、グリーンゼリーを使うのです。
グリーンゼリーは酸性に傾いている女性の膣内を、一時的にアルカリ性に傾けます。
アルカリ性になることで、酸性に弱いY染色体を持つ精子でも通れますし、逆にアルカリ性に弱いX染色体の精子は通過しづらくなってしまうのです。
もちろん基礎体温を付け、排卵検査薬を使って排卵日を特定するのもいいでしょう。
男の子を授かるには排卵日の前日、あるいは当日に性交するといいと言われています。
性交するときも女性の頸管粘膜が十分に分泌されるよう、濃密な内容にするのがいいようです。
頸管粘膜はアルカリ性ですが、より可能性を高めたい場合は奥深くで射精するのがいいと言う意見もあります。
こうした男の子を生み分けるための方法をいくつか組み合わせることで、そこにグリーンゼリーを投入することでより確率が上がるでしょう。
グリーンゼリー自体の産み分け成功率は80%ほどと高いようですから、チャレンジする価値はあるのではないでしょうか。
日本製のグリーンゼリーは3種類ありますので、天然成分100%使用やアレルギーテスト済みなどといった条件を比較して選んでみてください。

 

女の子がほしい時はピンクゼリーを使いましょう

 

女の子がほしい場合に使用するのは、ピンクゼリーです。
ピンクと言うと女の子の色をイメージしますから、分かりやすいでしょう。
やはりピンクゼリーも同じく溶かして膣内に挿入し、ペーハー値を酸性に傾ける仕組みです。
元々女性の膣内は酸性ですから、女の子の方が生まれやすいのではと思う方もいるでしょう。
ところがX染色体を持つ精子は、Y染色体を持つ精子に劣る部分があるのです。
それは運動量が低いことと、量が少ないことです。
特にY染色体を持つ精子の移動スピードは、X染色体を持つ精子の2倍と言われています。
これでは同じ条件で射精した場合、卵子にいち早く到着するのはY染色体を持つ精子になります。
さらにX染色体は確かに酸性に強いのですが、逆に言えばアルカリ性に弱い性質があります。
これはどういうことかというと、女性がオーガズムを感じて頸管粘膜を分泌した時、膣内はアルカリ性に傾きやすいことが関係しています。
つまり性交を重ねて女性の膣内がアルカリ性に傾けば、X染色体を持つ精子は生き残ることが難しくなってしまうのです。
そこでピンクゼリーを使って、膣内を酸性に保とうと言うことです。
よく考えてみればこの条件は、X染色体を持つ精子にとって有利な環境であり、Y染色体を持つ精子には不利な環境と言えるでしょう。
使われている成分も水とコラーゲンといった基本的なものから、クエン酸など膣内を酸性に傾けるものですから安全です。
国産のものであれば体に悪いものは一切使用していませんし、アレルギーテストなどを行っているメーカーもありますのでより安全と言えるでしょう。
より女の子を産み分けるための確率を上げるなら、排卵日にも注目してみてください。

X染色体を持つ精子は2〜3日生き延びますから、排卵日の2〜3日前に性交をするといいと言われています。
排卵日は膣内がアルカリ性に傾きやすいのですが、2〜3日前なら膣内は酸性です。
基礎体温を付けたり、排卵検査薬を使ったりしてみるといいでしょう。
それから性交はあっさりと終わらせること、挿入も浅めにすることがいいと言われています。
プラスピンクゼリーを使用することで、膣内を酸性に傾けておけば、X染色体を持つ精子が生き残る確率はかなり上がるのではないでしょうか。

 

産み分けゼリーの購入方法

 

産み分けゼリーの入手方法は産婦人科クリニックで処方してもらうか、個人で購入するかのどちらかです。
もし産婦人科クリニックで処方してもらう場合、まず産み分け指導をしているクリニックを探してください。
お産施設を持つ病院だからと言って産み分け指導をしているとは限りませんし、不妊治療外来があるクリニックだからと言って産み分け指導をしていないとは限りません。
インターネットの情報サイトや、お近くの産婦人科に問い合わせてみれば情報が得られます。
一番早いのはあなたの自宅や職場から通いやすいところにあるクリニックに、直接産み分け指導をしているか聞いてみることです。
もし産み分け指導をしていると言う場合は都合のいい日時に予約を入れ、受診してから処方してもらってください。
問診を受けて処方される場合もあれば、エコーで排卵の予測をすることもあります。
ゼリーについては医師から説明がありますし、補助的な薬剤を処方されることもありますので守るようにしましょう。
個人で購入する場合は、ネット通販で購入するしかありません。
残念ながらドラッグストアや薬局では扱っていませんので、スマホやパソコンから調べるようにしましょう。
日本のメーカーで産み分けゼリーを製造販売しているのは、3か所です。
それぞれ天然成分使用やテスト済みなど、特徴がありますので比べてみてください。
口コミサイトで使用感や使いやすさ、実際に産み分けができたかどうかなどチェックしてみるのもいいでしょう。
産み分けゼリーは簡単に入手できるものでもありませんし、決して安いものでもありません。
使用期限を守って安全に正しく使うことができるよう、医師の説明や使用書などはしっかり読むようにしてください。

 

安全な産み分けゼリーの選び方

 

では安全に産み分けゼリーを選ぶためにはどうすればいいのでしょうか。
一つは、国産の産み分けゼリーを選んだ方がいいと言うことです。
以前産み分けゼリーと言うと、倫理観や産み分けへの偏見から日本では嫌悪されることがありました。
そのため産み分けが盛んな中国製やアメリカ製のものが主流だったのですが、今は考え方も変わり、産み分けへの偏見もなくなってきました。
日本でも3つのメーカーが産み分けゼリーを製造販売しています。
病院で主に使われている産み分けゼリー以外にも、2種類の産み分けゼリーがありますのであなたが使いやすいと思うタイプを選んでみるといいでしょう。
日本で流通している3つの産み分けゼリーは、それぞれ特徴が異なります。
使用期限も1年のものもあれば2年のものもありますし、1回ごとに使い分けることができるタイプもあります。
また天然成分100%使用を謳っているメーカー、毒性テスト済みで安全をアピールするメーカーなど様々です。
あなたが何を基準に、何を重視して産み分けゼリーを選びたいかまず考えてみてください。
優先順位を付ければより使ってみたいと思える産み分けゼリーを選ぶことができるでしょう。
なお産み分けの確率についてはどのメーカーも同じようですから、比較対象にはならないでしょう。
安心感を重視して選ぶといいかもしれません。
また海外製の産み分けゼリーも通信販売で購入することができます。
産婦人科の中には、中国製の産み分けゼリーを処方しているクリニックもあるようです。
ですから必ずしも海外製がダメと言うことはないのですが、あまりにも安すぎる産み分けゼリーは安全性が疑われます。

さらに成分が一切表記されていない産み分けゼリーも、安全性が確認できませんから避けた方がいいでしょう。
成分を全表示していることも加えて、検討してみてください。

 

産み分けをしたい夫婦が増えるとともに、産み分けゼリーの需要も高まってきました。
もしあなたがこれから産み分けゼリーを使ってみたいと思うなら、選び方や注意点などをしっかり踏まえた上で、購入場所やタイミングを考えてみてはいかがでしょうか。

 

産み分けゼリー比較